2017年08月15日

【DMを簡単に送る方法】タックシールをWordで作る

【DMを簡単に送る方法】タックシールをWordで作る
DMをお客様に送る際、皆さんの美容室では宛名の書き方をどうしていますか?
タックシールを使ったり、手書きで書いたりと美容室によって方法は異なると思います。

今回は今まで手書きで宛名を書いていた美容室におすすめ!Wordでタックシールを作る方法を図付きで分かりやすくご紹介します。

WordはMicrosoft Office (オフィス) がインストールされたパソコンであれば使用できるので、ぜひこの機会に活用してみてください。

手書きで書くより格段に作業時間が短縮しますよ♪


 

0、住所データの抽出・加工



DMを送るお客様の住所データをPOSレジより抽出し、作成します。
項目はラベル印刷に掲載する情報のみに抜粋します。

例)名前、住所1、住所2、郵便番号
⇒住所データはビル名とそれ以外など文字の長さで分けるとラベル印刷に掲載する情報を配置する際(「4、タックシールの枠内に住所や名前を配置」)に 配置の場所で融通がききやすくなります。
 

POSレジを使っていない場合


お客様に送る情報をExcelにデータ化しましょう。一度作成すれば次回以降も使用できます。

 

1、Wordを開いてタックシールのフォーマットを呼び出す

このブログで使用しているWordの画像は、バージョン「15.0.4937.1000」を使用しています。
ご利用のWordのバージョンによって、見え方が一部異なることがありますのでご了承ください。



①Wordを開いて、「差し込み文章」を押す。
②「差し込み印刷開始」を押す。
③「差し込み印刷ウィザード」を押す。

 

2、ラベル印刷のテンプレートを作って、選択する



①「ラベル」を選択する。
②「次へ:ひな形の選択」を押す。




③「ラベルオプション」を押す。
④「ラベルオプション」のポップアップが表示されるので「新しいラベル」を押す。

 

ポイント

テンプレートは一度作ると次回以降使いまわしができるので、初回のみ作成します。一度制作したテンプレートは、緑枠内に表示されます。





⑤必要事項を入力します。

 

3、DMをお送りするお客様の住所やお名前の情報を呼び出す



①「現在の文章を使用」を選択する。
②「次へ:宛先の選択」を押す。




③「既存のリストを使用」を選択する。
④「参照」を押す。
⑤DMを送るお客様の住所データを選択する。
⇒選択すると、画面下にある「ファイル名」の項目に選択したファイル名が表示されます。(緑枠)
⑥「開く」を押す。




⑦シートを選択して、「OK」を押す。




⑧読み込んだ内容が表示される。
⑨「OK」を押す。

4、タックシールの枠内に住所や名前を配置



①「次へ:ラベルの配置」を押す。




②「差し込みフィールドの挿入」を選択する。
③挿入するフィールドを押して、「挿入」ボタンを押す。
⇒項目を1つずつ選択して「挿入」ボタンを押す。




④「すべてのラベルの更新」を押して、ページ全部に情報を反映させる。
⑤「次へ:ラベルのプレビュー表示」を押す。




⑥「ラベルのプレビュー表示」を押すと、呼び出している住所内容が反映します。
⑦「次へ:差し込み印刷の完了」を押す。
 

5、タックシールを印刷する



①「印刷」を押します。




②全部印刷する場合は、「すべて」を選択します。




③「OK」ボタンを押すと印刷されます。




いかがでしたでしょうか?
Wordやタックシールは最初慣れるまで少し大変かもしれませんが、利用する事により時間短縮につながります。

お客様にDMを早くお届けするために、ぜひタックシールに挑戦してみましょう。







想いが伝わるDMの書き方文例集
お客様にDM(ハガキ)を送る際のポイントとあいさつ文の文例をシーン別にご紹介。
書き方のコツを知ってよりお客様に想いを届けましょう。​



デザインDM
料金:100枚1,500円(@15円/1枚)~
k-net商品売上NO.1!キャンペーンのお知らせ、季節のご挨拶、失客顧客へのアプローチと多様な目的で利用できるツールです。

 
page top