2018年05月17日

たった3枚で出来る!美容室の新規再来店を促す〇〇作戦

美容室の売上を上げるために必要な行動の一つ「新規客の再来店をいかに増やすか」。

でも多くのサロンでは新規客の再来店が重要だと分かっていても、具体的に何をしたら良いか分からない。 サロンワークが忙し過ぎて何もできていないという美容室も多いと思います。

そこで今回はたった3枚の"DM"で簡単にできる新規客の再来店促進方法をお伝えします。

 

新規客はなぜ再来店をしないのか

新規客の再来店方法を考える前に、まずなぜお客様が再来店をしないのか、その理由を考えてみましょう。

お客様が再来店をしない理由の多くは以下いずれかだと言われています。

(1)要望通りのスタイルにならなかった
(2)なんとなく


(1)のサロンに対して不満のあるお客様に再来店を促するのは難しいですが、
(2)のなんとなく行かないお客様には美容室からきちんとアプローチをすることで再来店を促すことができます。

美容室の良さは1回の来店では伝わりづらいもの。

なんとなく行かないお客様にはサロンの良さがきちんと伝わっていない可能性が高いです。

お店の良さをしっかりと分かってもらうためにもサロンからアプローチをし再来店を促しましょう。

Webの時代だからこそアナログ戦略

インターネットの普及率は2016年時点で83.5%と言われています。

(参照元:総務省

今の時代お客様への再来店促進はWeb上でした方が良いのでは?と思う方も多いと思いますが、
自分宛に届いたDMは約80%の人が見るというデータがあります。
(参照元:DMメディア実態調査2015)

DMは再来店を促進したいお客様にピンポイントでアプローチができるので、今でも有効的な手段ということが分かります。
またデジタルな時代だからこそ、ひと手間かかるDMは届いたお客様の印象に残りやすくなります。



たった3枚で出来る新規客の再来店促進方法

3枚のDMを使った新規客の再来店促進方法は以下スケジュール表をご覧ください。


やることはとてもシンプルです。
送るタイミングは①来店のお礼②次回来店のご案内③誕生日のお祝いの計3回です。
  

 

DMで新規再来店を促す3つのポイント

POINT01)手書きメッセージを必ず添える

宛名だけ書かれたDMが送られてきても印象に残りづらいですよね。
ひと手間かかった物をむげに扱う人は少なく、目を通す人が多いです。
DMを送る際は必ず手書きでひと言添えるようにしましょう。

POINT02)送るタイミングをしっかり合わせる

髪の長さやスタイルによってお客様の次回来店目安日は異なります。
お客様が「そろそろ美容室に行こうかな」というタイミングに合わせて、再来店を促すことがとても大切です。

POINT03)最後のひと押し「バースデープレゼント」

お客様の再来店を促すには特典を用意するのがオススメですが、
いつも特典があるとサロンのブランドイメージの低下にもなり、安売り感があるのであまりしたくないですよね。
その点バースデー特典は安売り感が少なく、自然に来店を促進できるので、ぜひ取り入れましょう。

何もしなければこのまま

いま新規客の再来店に対して何も行動をしていない場合は、今後も新規再来店率のアップは難しいでしょう。


今回ご紹介した3枚のDMを使った方法はとにかく簡単にできます。
スキマ時間や営業終了後に10分程集中してDMを書くことでお店の新規再来店率アップにつながります。

新規集客の手間と、新規再来店促進の手間を比べるとどちらに力を入れた方が効率良く手間が少ないかは一目瞭然ですよね。

ぜひ今回ご紹介した方法で効率的に新規客の再来店率アップにつなげて頂ければと思います。

page top