2018年05月29日

2割の上位顧客がサロン売上の8割を作る!VIP顧客を逃さないサービスをご紹介☆

 

突然ですが、「20205050」という言葉を聞いたことがありますか?

 

これは「2020年に50代以上の人が人口の50%を占めること」を表した言葉です。

 

人口の2人に1人が50代以上になる日が目前に迫っています!






参考サイト:http://www.ipss.go.jp/

 

今、改めてVIP顧客を失客させないように、顧客満足の見直しとサービス強化をするサロンが増えてきました。

 

実際にVIP顧客へサービス強化をして、売上をアップしているサロンでは、どのようなサービスをしているのでしょうか?
 

今回は、VIP顧客サービスの事例をご紹介致します☆

 

サロンのVIP顧客とは


一般的には、年間のサロン売上を顧客別に見た時に、上位2割のお客様を「VIP顧客」と言われています。

「2:8の法則」と表現されることがあります。
それは、「お店の売上の8割を作っている上位2割のお客様へ顧客サービスを強化して売上を上げる」という意味です。

この上位2割のお客様を逃してしまうと、お店の売上に大きな影響を与え兼ねます。

上位2割のお客様に対しては一般のお客様よりも差別化して、高い顧客満足サービスを用意してサロンの売上アップに繋げることが重要です。





 

VIP顧客へのサービス事例




 

1)誕生日・記念日お祝いタイプ


VIP顧客のお誕生日にプレゼントをお渡しします。
お花のプレゼントや、美容商品のプレゼントをお渡しするケースがあります。

美容に関連するものだけでなく、お客様の好みに合わせたプレゼントや、通常メニューに無い特別なトリートメントやヘッドスパを体験してもらうサービスなどもあります。

割引とは違った普段体験されないような特別メニューを体験してもらうことで、VIP顧客に今後もメニューを体験してもらうきっかけ作りになります。








 

2)紹介促しタイプ


通常の紹介割引特典は20%や30%が多いですが、VIP顧客からの紹介割引特典を50%にするなど、通常の紹介よりも割引率を高くします。

口コミに共感して来店することが多いため、VIP顧客の紹介客は長くサロンに通ってもらえる可能性があります。
VIP専用の特別な紹介カードを用意することもオススメです。


 

3)店内充実タイプ


VIP顧客専用のドリンクメニューの提供や、VIP顧客専用のカットクロスを用意して、接客をしているサロンもあります。

店内サービスに差をつけることで、目に見える形で特別感を演出することができます。







 

4)サロン独自システム充実タイプ


スパのみで来店された際のシャンプーブローが無料や、来店日から決められた日数以内であればメンテナンスが無料などのサービスがあります。

他には、VIP顧客のみ送迎サービスをしている事例もあります。

独自サービスがあることで再来率を高め、
送迎があることで雨の日でも来店を億劫に思わせないようにすることができます。


 

5)メニュー・サービス充実タイプ
 

VIP顧客専用のメニューや、新メニューが登場した際に優先的にメニュー体験をしてもらうサービスがあります。

近年は、VIP顧客だけを招待したビューティーイベントを開催するサロンが増えています。

イベントでは、いち早く最新の美容情報を提供して、
商品に実際に触れて体験してもらうことで購入に繋げています。

 

まとめ


VIP顧客には大きな割引ではなく、VIP顧客への特別感を様々なサービスで演出して喜んでもらうことが重要です。

ご来店頂いているVIP顧客を1人も逃さないくらいの意識で、
常に新しい情報やサービスを優先的に提供していきましょう。



弊社の通販サイトKnet(ケイネット)にもVIP顧客向けツールが多数ありますので、ぜひご活用ください。


【おすすめVIP顧客ツール】

⇒ ワンランク上の特別なカード 【プラスチックVIPカード】
  

⇒ VIP顧客に送る特別なDM【箔押し入りVIPバースデーカード】

 
⇒ VIP顧客の誕生日にサロンオリジナルのプレゼント【ノベルティー】

 
page top