2017年05月16日

【ジュニアスタイリスト紹介企画】伸び悩みを解決!?チームで取り組み集客力を身に付けよう

サロンのお悩みとして、集客や客単価アップに次いで多くお聞きするのは「ジュニアスタイリストの数字の伸び悩み」です。ジュニアスタイリストは、スタイリストに比べると客数が少ないため、まずは集客をしてその顧客を定着させることが大切です。

今回は、ジュニアスタイリストが企画を通して自ら考える力を養いながら集客ができる「ジュニアスタイリスト紹介企画」をご紹介します。


 

ジュニアスタイリスト紹介企画とは?

この企画の1番の目的は、ジュニアスタイリストが自ら考えながら、集客と顧客化させる力を身につけることです。そのためジュニアスタイリストは1つのチームになって、協力しながら自分たちが主体となり企画に取り組みます。

ジュニアスタイリストの集客のために、過去にチラシや紹介カードなど販促ツールを使ったことがあるというサロンも多いのではないでしょうか?
しかし、今回の企画では今までオーナーが決めていた集客方法やキャンペーン内容をジュニアスタイリストチームが自らミーティングをして決定することで、目的達成のために自分で考えて動く力をつけていきます。

ミーティングでは、プロモーション計画書を使ってターゲット・集客方法・キャンペーン内容・紹介ツール・配布方法・再来方法など“集客して顧客化”するための全てのことを考えて決定します。
この企画は、目標達成に向けてチームで協力しながら、ジュニアスタイリストが自主的に考えて実践していきます。



 

実施期間について

実施期間は「短期間」と「1年間」の2パターンがあります。

1年間を通して行う場合は、強化月間を決めます。
モチベーションを持続させるために強化月間後に振り返りミーティングを行い、成功事例や次回に繋がる改善ポイントなどを話し合います。



 

プロモーション計画書とは?

チームを組んだジュニアスタイリスト達は、ミーティングではプロモーション計画書を使って話し合い、行動管理をしていきます。プロモーション計画書を使うことによってスタッフ一人ひとりが、企画の目的や計画内容について共通の認識を持ちながら取り組むことができます。

 

ミーティングで話し合う内容とは?

ミーティングでは5つの項目を話し合っていきます。

①自己分析を行う

ジュニアスタイリストが新規集客をするためには、まずは「自分」という人間を知ってもらい、自分を売り込むことが最も重要です。

そこで自分を売り込むために、2つの軸で考えていきましょう。
1つ目は、「自分の得意技術は何か?」「どんな髪の悩みに対してサポートできるのか」というスタイリストというプロ軸です。

2つ目は「食べ歩きが趣味」「休みの日は野球をしている」など「自分はどんな人間なのか?」を知ってもらう、人間軸です。

お客様にとって、初めて会うスタイリストに接客してもらうことはとても緊張します。そんな時に、スタイリストというプロ軸と人間軸の2つで自分をアピールできれば、スタイリストとして信頼を得ることができ、お客様との話題も広がるので、今後も指名して頂けるチャンスになります。


②個人またはチームの集客ターゲットを決める

まずは得意な集客のターゲットを決めましょう。個人またはチームの得意なターゲットを多く接客することで自信に繋げるためです。

その後に徐々に年齢層を広げていけたら良いですね。ターゲットを決めるときは、年齢層だけでなくその人の「ライフスタイル」まで決めておくのがおすすめです。ニーズに対してよりマッチングした技術を習得したり、興味のあることを事前にリサーチしたりして、来店時にトークのネタとして活かすことができるからです。

もしターゲットが決めきれない場合は、第1ターゲットは18歳~22歳の女子大生。
第2ターゲットは22歳から30歳のOLなどの優先順位をつけるのもおすすめです。
 

③ターゲットを想定したキャンペーンメニューを決める

ターゲットの来店に繋がるようなキャンペーンメニューを用意します。

この紹介企画ではターゲットが来店に繋がるキャンペーンをジュニアスタイリスト自身で決めるということも大きなポイントです。「新規◯○%OFF」も良いのですが、ターゲットに合わせた “セットメニュー”を考えることでより来店に繋げられます。

④紹介ツールの配布方法を考える

同じ紹介ツールでも、ほんの少し渡し方を工夫するだけで来店客数アップに繋げられます。
例えば、お客様がお帰りの時にお渡しするのではなくカラーやパーマの待ち時間にお渡したり、待合席にも紹介カードを置いてお客様自身で持ち帰ってもらったりする方法があります。

 

配布方法例

1)ターゲットが利用しそうな最寄り駅周辺で配る
2)お客様に紹介カードを1枚ではなく複数枚お渡しして、友達や会社の仲間に配ってもらう
3)サロン付近のターゲットが集まりそうなお店に、自身の紹介カードを置いてもらう
4)紹介ツールに手書きのメッセージを添えるetc・・・



 

おすすめ!ジュニアスタイリスト集客ツール例


ツール例1)カードサイズで配りやすい「スタイル紹介カード」



 【スタイル紹介カード_4スタイル掲載_PP加工】B003-1-006



表面にはスタイルと店内写真、裏面は個人プロフィールとキャンペーンが掲載できるので、必要な情報をコンパクトに集約できるツールです。


ツール例2)A4サイズでたっぷり掲載「スタイリストデビューチラシ」


【チラシ】A4_キャンペーン_スタイリストデビュー_ヘア101-01-004​



A4サイズのチラシのため、たっぷりの情報量を見やすく掲載できます。カードに比べて文字を大きく掲載できるのでお客様にも見てもらいやすいです。
 

⑤来店したお客様が顧客に繋がる方法を考える

来店して下さった1人のお客様を、いかに2回目も来店してもらい顧客に繋げるかを考えることや、どれほど大変かを感じる事はとても大切です。

例えば、初回来店から3回目の来店までは割引で施術を受けられるステップカードを渡したり、来店してから1週間以内に必ずお礼DMを送ったりするなど、次回も来店してもらえる取り組みを考えていきましょう。




 

まとめ


ジュニアスタイリスト紹介企画は、単に紹介ツールを配るのではなく集客する方法から顧客に繋げる方法まで自ら考えて行動し、結果に繋げることで、自発的に集客できる力を付けることができる企画です。

企画を通して取り組む中で、1人のお客様が来店して顧客化することが、どれだけ貴重かを改めて実感することもできますよね。

チーム全体で協力しながら成功事例が増えていけば、次のジュニアスタイリスト達もその成功事例を共有することができるので、お店としての財産になっていきます。

ジュニアスタイリストにたくさんお客様をつけたい!もっと自発的な集客をしてほしい!と思うサロンは、このジュニアスタイリスト紹介企画の考え方を使って集客してみませんか?
page top