2016年7月29日

新規集客に苦戦中のサロン様必見!DMを使って既存客の再来をアップする方法

 
梅雨も明け、本格的な夏を迎えましたが、皆様お元気におすごしですか?

夏の新規集客に力を入れているサロン様は多いと思いますが、うまく集客できず悩まれている方も多いと思います。
そんなサロン様は、既存客の再来を促すことに目を向けてみてはいかがでしょうか。

今回は「新規集客に苦戦中のサロン様必見!既存客の再来で売上をアップする方法」をご紹介します。



 

売上は既存客の再来でアップする! 


売上げを上げるためには、新規集客と思いがちですが、実は、再来客を増やすという方法も売上アップに繋がります。

そもそも売上とは下の図のように、客数と客単価を合わせたものです。



図の通り、既存顧客の中でも失客(来なくなってしまったお客様)に、
再来店していただくことで、客数を上げることができます。

では、どうすればパタリと来られなくなったお客様に再来店してもらえるのでしょう。

みなさまのサロンには、前回の来店から数ヶ月、来店されていないお客様はおられませんか?
お客様が突然来店されなくなった理由は何でしょうか?

実は、再来店しない理由は施術に不満があるからではなく、「なんとなく」や「忘れていた」、などの理由が多いと言われています。


(参照元:サロンマイル総研「失客する本当の理由を調査せよ!」)


また、「気分転換に他のサロンに行ったので、戻りづらい」と感じ、どんどんと足が遠のくお客様もおられます。

そんなお客様には、「いつでも来てくださいね」という内容のアプローチをすることで、また再来店につなげることができます。

 

80.9%の人が自分宛てのDMに目を通す


お客様へのアプローチにオススメなのが、DM(ポストカード)です。
なぜ、DMが最適なのでしょうか。

DM(ポストカード)は手に取ったと同時に、内容が目に入ります。
また、自分宛に届くDMは、80.9%の人は、開封または閲読するという結果が出ています!



(参照元:「DMメディア実態調査2015」


今の時期ですと、送るDMの種類は暑中見舞いDMがオススメです。
「暑中見舞い」とは、最近連絡が取れていない人に向けて健康を気遣う気持ちや、感謝の思いを届ける夏の挨拶状です。

そのため梅雨が明け、暑さが厳しい今の時期にピッタリですね。

また、暑中見舞いDMは、突然届いても営業色が少なく、健康の気遣いや感謝の思いを不快に思う人は少ないです。

そのため今の時期、既存客の再来を促すには暑中見舞いDMがオススメです。

 

夏限定のDM(ポストカード)デザイン


暑中見舞いDMを送るのは、立秋までとされています。
ですので、今年は8月7日(日)までに送るのが最適です。

まだ暑中見舞いDMを送られていないサロン様も、今なら間に合いますね!

K-netでは、夏の期間限定デザインを11種類ご用意しているので、夏らしさを感じる豊富な種類からデザインをお選び頂けます。





※只今、デザインは在庫限りの販売です。お早めにご注文ください♪






また、DM(ポストカード)の宛名面(裏面)には、ショップ情報とキャンペーン情報を掲載する事ができます。
たくさんのお客様にアプローチすることを考え、夏らしい料金別納マークも付いているので一斉に送れて便利です。





宛名面印刷部分は、各項目ごとに印刷する・しないを選択できるのでサロン様にあった内容を印刷できます。

新規集客に苦戦中のサロン様は、夏限定の「暑中見舞いDM」を使ってお客様の再来を促してみませんか?





▼暑中見舞いDM文例集

【美容サロン向け】暑中見舞いDM文例集
いざ暑中見舞いをお客様に送ろう!と思っても何て書けば良いか分からない・・・という方向け☆
暑中見舞いと残暑見舞いの違いとは?美容室、ネイルサロン、エステサロン向けの
夏のDM文例集をご紹介しています。



▼全種類のDM(ポストカード)デザインをみる

100枚1,500円(@15円/1枚)~
k-net商品売上NO.1!キャンペーンのお知らせ、季節のご挨拶、
失客顧客へのアプローチと多様な目的で利用できるツールです。


 

<季節に合わせたDM文例集に戻る>

季節に合わせたDM文例集コラム
サロン向けの文例集や文例集以外のDMを書くときのポイント、字をきれいに書く方法などをご紹介。
気軽に読めるのでぜひ見てみてください♪



知って得する!商品の使い方コラム
商品を上手に有効活用し、コストの2倍・3倍と使ってもらえる
「得する使い方」をご紹介しています。



想いが伝わるDMの書き方文例集
お客様にDM(ハガキ)を送る際のポイントとあいさつ文の文例をシーン別にご紹介。
書き方のコツを知ってよりお客様に想いを届けましょう。
 
page top