2016年4月28日

すぐに実践できる!字をきれいに書く3つの方法


美容室・ネイルサロン・エステサロンは字を書く機会が多いですよね。
例えばお客様のお名前をメンバーズカードに書いたり、お手紙を書いて送ったり。

今回は字を書くのが苦手という方向けに"すぐに実践できる!字をきれいに書く3つの方法"をご紹介します。


 

字をきれいに書く3つの方法


1、姿勢を正す

字を書くときに猫背になってしまったり、手元と目の距離が近い場合はありませんか?
きれいな字を書くには、まず姿勢が大切です。

<座って書くとき>

(参照元)http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120918/134762/?P=2&rt=nocnt​



美容室などでは座らずに立ったまま文字を書く機会も多いと思います。
その場合はできるだけ膝を曲げて背筋を伸ばすことで字をきれいに書くことができます。


<立って書くとき>

(参照元)http://www.manual-jpn.com/ent1403.html​




2、正しくペンを持つ


(参照元)http://tombow-ippo.jp/holding.html​


正しいペンの持ち方はペン先から2.5㎝あたりのところを人差し指と親指、中指で軽く握ります。
この持ち方をするとペンの軸が紙に対して自然に60度になります。
そこからペンを右に20度傾けるのが良いとされています。



3、ゆっくり書く



焦って書くとどうしても字は雑になってしまいます。
きれいな字とは字のバランスが美しいということもありますが、読み手が読みやすかったり丁寧に書かれている字が前提になります。

字が上手に書けない・・・とお悩みの方は、まずはゆっくり書くことから意識しましょう。



まとめ


今回はテクニックのいらない"すぐに実践できる!字をきれいに書く3つの方法"をご紹介しました。

<字をきれいに書く3つの方法>
1、姿勢を正す
2、正しくペンを持つ
3、ゆっくり書く



字がきれいに書けるようになると、もっとお客様にお手紙を書いてみようかな?と思いますよね^^

ただいきなり手紙だと書く範囲が広いので、手紙はちょっとハードルが高い・・・という方は、
まずはDM(ポストカード)からはじめてみてはいかがでしょうか?



▼DM(ポストカード)のデザイン









▼DM(ポストカード)のご注文はこちら

100枚1,500円(@15円/1枚)~
k-net商品売上NO.1!キャンペーンのお知らせ、季節のご挨拶、
失客顧客へのアプローチと多様な目的で利用できるツールです。

 

<季節に合わせたDM文例集に戻る>

季節に合わせたDM文例集コラム
サロン向けの文例集や文例集以外のDMを書くときのポイント、字をきれいに書く方法などをご紹介。
気軽に読めるのでぜひ見てみてください♪



知って得する!商品の使い方コラム
商品を上手に有効活用し、コストの2倍・3倍と使ってもらえる
「得する使い方」をご紹介しています。



想いが伝わるDMの書き方文例集
お客様にDM(ハガキ)を送る際のポイントとあいさつ文の文例をシーン別にご紹介。
書き方のコツを知ってよりお客様に想いを届けましょう。


 
page top