低コストで再来を促す!カードサイズの割引券がおすすめな5つのポイント 

お客様に再来を促すツールのひとつとしてよく利用される“割引券”や“クーポンチケット”。
今回は1枚50円の低コストで作れて、お客様にも喜んで使っていただける『割引カード』5つのポイントをご紹介します。
 
 <目次>
■おすすめツール『割引カード』5つのポイント
 ・【POINT1】財布のポケットにピッタリ入る!クレジットカードとほぼ同じのカードサイズ
 ・【POINT2】サービス内容や割引額をお店で自由に設定できます
 ・【POINT3】小ロットで注文OK!100枚からご注文可能
 ・【POINT4】どんなお店でもお使いいただける4種類のデザインテイスト
 ・【POINT5】裏面に手書きメッセージが書き込めます
■割引券を渡すタイミング
■まとめ
 
 

おすすめツール『割引カード』5つのポイント               


お客様が使いやすい割引券ってどんなものなの?

【POINT1】財布のポケットにピッタリ入る!クレジットカードとほぼ同じのカードサイズ

お客様に手渡しする割引券の場合、お客様の財布に入れてもらえるかもらえないかで、割引券を使ってもらえるかが決まります。

はがきやお札よりも大きいサイズの割引券の場合、財布の中に入らないまたは入れておくとかさばって邪魔になることがあります。

割引カードのようなカードサイズの割引券は、財布のポケットにピッタリ入るので邪魔にならず、
サロンのメンバーズカードなど他のカードと一緒に保管しておくことで紛失も防げます。
また財布のポケットにきちんと入れて頂けることでレシートに紛れて捨てられることも少なくなります。

 

  
 
お店で使える割引券が欲しいけど、特典内容が決まっているものが多くて使いづらい・・・

【POINT2】サービス内容や割引額をお店で自由に設定できます

割引券は「1000円OFF」や「10%OFF」など、最初から特典内容が印刷されているものが多いと思います。

『割引カード』は、「サービス内容」「割引額」「有効期限」を自由に設定することができます。
お店によって料金、メニューが異なるので、お店に合った割引券を作れるのはとても便利ですよね。

また有効期限を手書きすることもできるので、一度に何枚も作っておいて有効期限をずらして渡すと、長い期間使用することもできます。
大量に購入すると1枚当たりの単価が低くなるのでお得です。


 
<サービス内容の例>
■美容室向け
・トリートメント無料
・ヘッドスパ無料体験
・カット30%OFF
 
■ネイルサロン向け
・次回オフ無料
・ハンドマッサージプレゼント
・アート1本無料
 
■アイラッシュサロン向け
・20本サービス
・コーティング無料
・カラーエクステに変更無料
 
 
 
小さいお店なので少量で作れる割引券が欲しい・・・


【POINT3】小ロットで注文OK!100枚からご注文可能

100枚から注文可能なので、小規模のサロン様やあまり予算をかけられないサロン様も気軽にお作りできます。
100枚でご注文の場合1枚当たり50円なので、1人のお客様に対して50円で再来を促すアプローチができるという事です。

また、異なったサービス内容のものを数種類作るのも良いですし、色違いの割引カードをセットにしてお渡しするのもおすすめです。
小ロットで購入できるので、お店に合わせて様々な作り方ができます。
 

【POINT4】どんなお店でもお使いいただける4種類のデザインテイスト

全部で4パターンのデザインテイストと4色のカラーバリエーションの中から、好みやお店の雰囲気に合ったものをお選びいただけます。
 
<キュート>

▲このデザインのご注文はこちら


可愛いビビッドカラーと、ぷっくりとしたリボンがポイントのデザインです。10~20代のお客様が多いサロンにおすすめです。
 
 
<エレガント>

▲このデザインのご注文はこちら

バラとレースがポイントの小悪魔感あふれるキュートなデザインです。
エレガントなダマスク柄の背景とビビッドな色合いを組み合わせ、甘さと強さがミックスされた魅力的なデザインです。

 

<フェミニン>

▲このデザインのご注文はこちら


北欧のイメージで、可愛らしさの中にやさしさを感じてもらえるようなデザインです。淡いカラー展開で、30~40代の方に人気のデザインです。
 
 

<シンプル>

▲このデザインのご注文はこちら


大人可愛いデザインで、女性らしい上品さがポイントです。高級感のある装飾や色合いが幅広い年代に好まれる王道なデザインです。
 
 

 【POINT5】裏面に手書きメッセージが書き込めます

ただ単に印刷された割引券をお客様に渡すよりも、手書きのメッセージを添えることでよりお客様にお店の気持ちが伝わり、満足していただけます。

『割引カード』の裏面には余白が設けられているので、自由にメッセージを書き込むことができます。

一言でもいいので、感謝の気持ちやスタイリングのポイントなどを書き込んでお渡ししてみましょう。

<裏面デザイン>

 
<メッセージ文例>
■ネイルサロン向け


(例)お客様に似合うネイルデザインを提案しました・・・
「新しいデザイン気に入って頂けて嬉しいです。また素敵ネイルを作れるように頑張ります!」


■アイラッシュサロン向け


(例)お客様がまつげの傷みに悩んでおられます・・・
「まつげが細い・抜けやすいなどの悩みがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください!」


■美容室向け


(例)お客様はパーマをかけるか迷っておられました・・・
「パーマに挑戦される際はぜひともお手伝いさせてください!」


■美容サロン向け


(例)施術中に美容の話で盛り上がりました・・・
「美容についてのお話とても楽しかったです。おすすめのコスメがあればまた教えてください!」

 

割引券を渡すタイミング           

お客様に割引券を渡すタイミングはとても重要です。

冒頭で割引券を使ってくれるかどうかは、お客様が割引券を財布に入れるか入れないかで決まるとお伝えしましたが、
割引券を渡すベストタイミングは、お客様が財布を開いているときです。

割引券を財布に入れてもらえば、失くすこともありませんし財布を開くたびに割引券の存在が目に入ります。
割引券はお会計時に、お釣りやショップカードと一緒にお渡ししましょう。

もしお客様が財布をしまった後に渡すと、洋服のポケットなどに入れてしまっていつの間にか有効期限が切れていたり、
存在を忘れてしまったりするかもしれません。

いつも目に付くところに入れてもらうというのが割引券を渡すときの1番のポイントです。

 

 

まとめ

今回は、カードサイズの割引券『割引カード』のポイントをご紹介しました。
ポイントをまとめます。

<割引カードの5つのポイント>
【POINT1】財布のポケットにピッタリ入る!クレジットカードとほぼ同じのカードサイズ
【POINT2】サービス内容や割引額をお店で自由に設定できる
【POINT3】小ロットで注文OK!100枚からご注文可能
【POINT4】どんなお店でもお使いいただける4種類のデザインテイスト
【POINT5】裏面に手書きメッセージが書き込める

<割引券を渡すタイミング>
お客様が財布を開いているお会計時に渡すようにしましょう。
そうすることで財布を開く度に割引券を目に入れていただけ、割引券の利用率アップ=再来率アップにつながります。

再来促進ツールの割引券を有効に活用し、顧客の定着を目指しましょう。


▼割引カードのご注文はこちら
javascript:void(0)
料金:100枚5,000円~
お財布のポケットに入るカードサイズの割引カードです。
サービス内容、割引額をサロン様が自由に決めることができるので
サロン様に合った割引カードが低コストで作れます。

 

<関連コンテンツ>


スタイリストの退職・異動による失客を防止!スタッフ引き継ぎセットのご紹介
担当スタイリストの退職・異動で大切なお客様を離さないようにする、
おすすめツールをご紹介。



知って得する!商品の使い方コラム
お客様にDMやサロンノベルティ、サービスチケットを
お渡しする方法は決まっていますか?商品を上手に有効活用し、
コストの2倍・3倍と使ってもらえる「得する使い方」をご紹介。


 
page top